スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
副作用(ToT)

2010-02-09 14:17
画像 1657
皆さん、ご無沙汰しておりました…あら、ちょっと、ちょっと お衣紗ちゃん
そんな格好で寝てないで ちゃんと挨拶して

画像 1658
あ、どうも皆さん こんにちは。あたちね~、実は又大変だったのよ
ママぶぅなんてこの1週間で寝不足と心配で白髪が増えたとか
目の下に大きな黒クマ飼っちゃったわとか言ってるの


画像 1664
もうホント、今回は参りました。
1月29日に今回始めて受けた
鼻から注入した混合ワクチンの副作用が(アデノウイルス・パラインフル・bordetella)酷くて
引き付けや喘息の発作の様な感じで呼吸困難になったり くしゃみも頻発
鼻水垂れまくりなのに鼻は熱を持ち カラカラに乾きあがりひび割れがハッキリ分かるし
起きてる時もずっとズゥ ズゥという嫌な音のする呼吸をし続け、
何も食べてないのにクッチャ クッチャ ムニャ ムニャと何分もやっていたり
急にズンガぁズンガぁと息が吐けずに吸い続ける様になって
このまま窒息してしまうのでは?!と心乱れたり

それで処方してもらった去痰・副鼻腔の排濃を促す薬を飲ませたら
一気に静かな呼吸に戻ったのですが、安心したのもつかの間
夜明け前に2度目の投薬をしたら今度は全身から力が抜けたみたいで
歩行困難で室内トイレに連れて行っても その場でヘナヘナと座り込んでしまう始末
食欲も全くなく、水さえ飲めない状態になったので
先生の指示でアンブロキソールの投与を止め、注射器の針を外して強制的に水を飲ませる事に

薬の効果が切れた頃から食欲は戻り始めたけれど
呼吸が又…引き付け状の発作みたいになったり嫌な音のする呼吸に逆戻り
去痰と咳止めの(咳は全くしなかった)子供用シロップに変えて1日様子を見ることに

翌朝、先生に2度目の往診を頼んだその日は、前夜の雷雨が止まないままに嵐となり
サボテン王国28年来という40数時間も強風を伴った雨が降り続き
各地に深刻な洪水被害を出す事になったのですが
お衣紗ちゃんは、ポポ(ウン)の方は室内トイレにはしたくないので
まる2日も我慢してしまい それも心配の種に(-_-;)
天気にまで見放された気分になりました。

画像 1659
あの2日間は、お日様が顔を出しても雨脚が全く衰えずで
お衣紗ちゃんの
カーテンでの角隠し姿は あの日の狐の嫁入りを思い出させます(笑)

先生に筋肉注射を打ってもらって、抗生物質で随分症状が落ち着きましたが
夜中には、まだ引き付けっぽい呼吸になったり
鼻詰まりのイビキの様な音やクッチャ、クッチャは止まず
翌夜明け前に飲ませた抗生物質は1時間後に胆汁と共に吐いてしまって
これもそこで中止し子供用シロップだけに

画像 1663
久しぶりの太陽が気持ち良いね~
それから3日、まだ夜間の就寝中にのみ、たまに呼吸に雑音が入りますが
引き付けの様な呼吸は全くしなくなりました。
カラカラに乾いてしまった鼻も軽く湿り気が出てきたので
このまま全快してくれる事を祈るのみです。

画像 1667
ベランダから街路樹の枝越しに活火山ポポカテペトルの雪化粧(12倍ズーム撮影)
こんな姿は富士山の様で和みます。

こちらではインフルのワクチンで酷い副作用が出る人も多く
そんな経験者の方達から「食欲があるなら絶対大丈夫!1週間の辛抱よ」と励ましてもらい
日本からも素晴らしいヒーリングや応援エールを送ってもらい
とても心強かったです。私も衣紗も皆さんへの感謝の気持ちで一杯です。

皆さんは何を基準にワクチン接種をさせていますか。
米国では3年に1回でも充分と言われ始めていますが それに対してどう思われますか。

恐い病気から命を守るためのワクチンも、時には小さな体に牙を剥きます。
必要最低限のワクチンをと思っても、
住んでいる土地柄や、衣紗の虚弱体質の事を考えると
全てのワクチンを止めるわけにはいかないのが痛いところです。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

別窓 | 衣紗ぶぅ | トラックバック(0) | コメント(18) | top↑
ドライブが好き

2010-01-22 17:44
画像 1546
先週は木・金と嵐の様な強風で電線が切れたり
通りの向かいの街路樹がなぎ倒されたりで2日連続で7時間強ずつの停電になりました。

金曜なんて散歩に出ようとエレベーターを降りて20秒もしないうちに停電!
危機一髪。

PCも調子が悪くて日本語が出なかったり英語にならなかったり
辞書機能も使えず、衣紗という字すら登録しなおし…勘弁してよ~な今日この頃です。

今回は12月のパパぶぅの休暇中にお出かけした時の写真をアップします。
この時はパパぶぅの実家へ向けて日の出前にシティを出発
奥に見えるのが、10数年前に眠りから覚めた活火山ポポカテペトル(5465m)
大噴火はしていませんが、数年前に2度ほどシティまで火山灰が飛んできた事があり
我が家のベランダも火山灰が積もりました。距離はシティから約70km
冬は頂上が雪に覆われ、その姿は富士山の様です。

画像 1549
ドライブの大好きなお衣紗ちゃん、いつもMAZDITA3に乗りたくて
散歩の行き帰りに駐車場に寄っては体を愛車にこすり付けたりします。

画像 1552
テポステコ山遺跡 
頂上に祠の様な小さな神殿があり、UFOの目撃が多い場所でもあります。
昔、水上スキーに行った帰りに下宿先の息子さんが
急にテポステコに登って行こうと言い出して頂上まで登った事があるのですが
同行した日本人&私はサンダル履きの様な感じだったので登るのに一苦労
でも頂上についたとたん、その景色に感動したのを覚えています。

画像 1561
プエブラ州に入ると、気持ちの良い青空が広がっていました。

画像 1566
流石サボテン王国!
トレーラーと比較しても堂々としたもの ご立派!としか言いようがありません。

画像 1570
でも朝顔の群生もあったりして、色々な景色を楽しめる旅です。

画像 1572
こちらもサボテン 様々な種類のサボテンが生えています。

画像 1564
シティを出て4時間後、無事パパぶぅの実家に到着 
日光いろは坂より凄いカーブ続きでもドライブ好きのお衣紗ちゃんは満足の表情
早速あちこち匂いを嗅きながらお家散策
義姉ファミリーのワンコ悟飯Ⅲとはあまり仲良くないので
彼は外庭、衣紗はパティオと分かれて時間を過ごしたのでした。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
別窓 | サボテン王国 | トラックバック(0) | コメント(10) | top↑
守護天使 現る

2010-01-07 16:31

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
七日なので新年の挨拶もギリギリセーフかな^^;

今年の元旦は雲が厚く、初日の出を拝む事が出来なかったのですが
午前中に小鳥達がとても楽しそうに騒々しい位に明るく囀りだしたので
外を覗いたら爽やかな冬晴れになってました。
毎年初日の出を撮っていたから やはり元旦の太陽が撮りたくなってカメラを構えたら
光の悪戯で面白い映像が出来ました。

画像 1645

あたちねー 年末の日曜の夕方にゲロッピーちゃんになって大変だったのよ

何とかの法則のごとく、24時間の動物病院しか開いていない
それもホリディ・シーズンで研修医とかしかいなさそうな
この時期のこの時間に 
お衣紗ちゃんたら7時間前ほどに食べた朝食をほとんど未消化で戻しまして
3回目に戻した時には内容物もなくなり少し濁りのある葛の様な感じ
熱も少しあるようだし、小刻みな震えも…尻尾もずっと下げたまま

数ヶ月に1回程度は朝、黄色い液を吐く事はあっても こんな状態は初めて
さぁどこの救急病院に連れて行こうかと考えていた時に
前から話は聞いていた往診してくれる獣医さんの事を思い出し
ワンコ仲間さんに早速連絡先をきいて電話 

遠方に住んでいる獣医さんなので1時間半くらいかかるとの事でしたが
ホリディ・シーズンの大渋滞にハマって身動き取れず早朝7時の往診に変更
それまでの間 指示された抗生物質を買いに走りました。

isa 1311

投与後、震えはほとんど止まりましたが
普段写真の様な状態で爆睡するカドラーの中で
いつもより小さく半分くらいになって丸まってるし
寒さの厳しい夜に一晩リビングに1匹にしておくのが怖くて
寝室に連れて行き、初めてベッドの中に入れ抱いて寝ました。

最近、近所の3匹のワンコが中毒により命を落としているので
診察してもらうまでは色々考えては不安な夜を過ごしたのでした。

翌朝7時、まだ尻尾を下げたまま元気のない衣紗をかかえて待てど暮らせど先生は来ず
携帯も留守電になっているし、2時間待っても音沙汰なしで
なんとかワンコ仲間さんを通じて先生のご自宅に連絡をしてもらったら
緊急オペが入ってしまったそうで早朝から出かけたと(>_<)

その後、助手の方?から連絡が入り11時頃になると言われ
それならいっそどこかの病院に連れて行こうかとも思ったのですが
1年365日働いて、土日には不妊オペ・キャンペーンで他所の州まで出かける様な
Dr.ヘリオットの様な先生に この機会に是非診てもらおうと待つ事に決めました。

画像 1646

Miguel Angel(ミカエル天使)それが獣医さんの名前です。
先生を見ると、衣紗はそれまで下げていた尻尾を上げて歓待の意を表しました。
昨夜からの状況を話すと、先生は熱を計った後にすぐに衣紗の喉と鼻をチェック
その後、丁寧に聴診・触診、歯グキのチェック&口臭チェックなどをしてくれて
「これは胃腸や消化器官ではなく呼吸器官・気道の炎症が原因で、かなり重度です」と一言

このままでは慢性気管支炎や肺炎にもなりかねない状態だったそうで…
確かに1日に数回くしゃみをしたり(アレルギーや近所の工事が原因かと思っていた)
イビキをかく時があったり
大運動会の後に数回、物を吐く様な感じでゲッゲッとはやってましたが
狭窄の咳とは違っていたので、ただ単に呼吸器官が弱いという感じで言われていました。

右鼻の一部が乾き、鼻水が乾いてくっつくという状態は約1年前からですが
昨年、少なくとも衣紗を診た5人の獣医さん達は
誰1人としてその事には触れませんでしたし、気に止めてくれる先生はいませんでした。
1人には「鼻の皮膚の病気で検査は一部皮膚を取るので激しい痛みを伴うし大出血する」と言われ
普段の生活に問題がないのであればと検査をしなかったのでした。

今回だって他所に連れて行ってたら
胃腸・消化器官系の病気として診断されていた事でしょう。
酷いところでは又ペップトビスモルの処方だけだったかも(-_-;)

これからの治療方針についてアンヘル先生に丁寧に説明を受け
完治までは長くかかりそうですが原因が判って霧が晴れた思いです。
衣紗も注射をされても「てんてーありがとね」という感じで
先生が帰る時には見送りまでしてました。

画像 1648

4日の再診では、ブロムへキシンや抗生物質が良く効いたのか
(両方共、子供用シロップ)
下部・呼吸器官での雑音が綺麗になくなったと言われ
喉を押さえられても咳き込まず順調に回復に向かっている様です。
乾いた右鼻からの鼻水も出なくなり、寝息は聞こえるもののイビキはかかなくなりました。

昨日で抗生物質は終わり、今日からは犬の嫌がる鼻腔洗浄&鼻腔薬での治療を始めます。

M.Angel先生は
動物愛護にも力を入れていて貧困階級の飼い犬たちの無料・少額不妊オペの他
野良君たちでも、連絡が入れば事故現場にかけつけ
救える命なら、その場で道端でもオペをしてしまうとか
休みなしと言う感じなのでファミリーは寂しいのではと、紹介してくれたワンコ仲間に聞いたら
土日休日には小学生の子供達もアンヘル先生のお手伝いをして一緒に行動してるそうで
それは見事な助手っぷりなのだそうです。

それに比べて私ときたら、シロップを投与時に衣紗の口はしから逆流させて
首周りの白い毛を何度かピンクに染めてしまったりのトホホ状態なのでした(笑)

M.Angel先生は
その名の通り動物たちを救ってくれる守護(大)天使といったところでしょうか。
衣紗にも守護天使が現れた!と私は感謝の気持ちで一杯なのでした。
というわけで
今年の目標は衣紗の虚弱体質改善! 皆様 応援よろしくお願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

別窓 | 衣紗ぶぅ | トラックバック(0) | コメント(17) | top↑
エル・タヒン遺跡

2009-12-25 13:27
画像 1611

世界文化遺産のひとつでもあるエル・タヒン(雷)遺跡は
メキシコ湾岸、南北に細長いベラクルス州の内陸に位置する
300~1200D.C.に栄えたトトナカ族の古代都市で
全体的にこじんまりとした印象ですが、まだ発掘は半分以下しかなされていないとか
当時は赤と青に塗られていたそうです。

今までに見てきた他所の遺跡に比べて、球戯場の数が多い事や
敷地内に小川があるのが目を引きました。

画像 1601

主に宗教儀式などが行われていた中央広場に位置するピラミッド

画像 1599

守護神 雨の神の石像もここに

画像 1591

ニチョスのピラミッドには365の窓があり、
中は魑魅魍魎の住むインフラムンドと繋がっているとか…
天文学や暦などに秀でていたマヤ族に関係ある部族のせいか
丁度1年分の窓があるのも興味深いですね。

画像 1597

中央広場を見下ろす丘には
宗教関係者や上流階級の人々の住む地区があり
マヤ系建造物のアーチや文字、レリーフなどが見られます。

この渦巻きを見てラーメンどんぶりを思い浮かべてしまった私
お腹がとってもすいていたのでした^^;

画像 1595

画像 1609

画像 1592

球戯場の1つ、残念ながら中は覗けませんでした。

画像 1607

メキシコの古代遺跡では、どこのレリーフも素晴らしいです。

画像 1619

ワンコ達も遺跡を堪能?このコ達は土地の野良君達でフリーパスですが
観光の場合も小型犬までは(柴犬程度)入場OKとの事
ただしワンコ連れで泊まれるホテルが近辺には皆無なので ご注意を

画像 1618

遺跡入り口には、ミニ・博物館やレストラン
そして外側には沢山のお土産物屋さんが並んでいます。 
ボラドーレス・ショーやバスを待つ間冷やかしてみるのも楽しいかも
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

別窓 | サボテン王国 | トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
ボラドーレス

2009-12-16 11:30
画像 1617
ご無沙汰しておりました。
衣紗のアレルギーも峠を越し、パパぶぅの休暇に超ハードスケジュールな旅をして来ました。
今回はメキシコ湾岸ベラクルス州にあるエル・タヒンという古代遺跡の入り口で見れる
ユネスコ・無形遺産にもなっているボラドーレスをご紹介します。

画像 1620
古代サボテン王国では日本と同じ様に万の神がいるとされ、多くの儀式がありました。
このボラドーレスは豊穣を天と大地の神に祈る儀式と言われ
鳥をイメージした衣装姿の5人で行われます。

画像 1621
かなりの高さの鉄柱に命綱もつけず登っていきます。

画像 1623
足に縄を巻きつけ準備完了

画像 1625
最後に1枚目の写真の様に塔のてっぺんで笛を吹く人が登ります。

画像 1628
音楽に合わせ逆さ宙吊りになって降りてきます。

画像 1630
かなりの高さなので、普通に見ていると首が痛くなり
アメリカ人の観光客達は完璧に仰向けに寝てカメラやビデオを回してましたが
私には出来ませんでした^^;


次回はエル・タヒンの古代遺跡をご紹介します。
エエ、ちゃんと今年中にアップしたいと^^;
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
別窓 | サボテン王国 | トラックバック(0) | コメント(12) | top↑
BACK | 衣紗ぶぅ日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。