スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
エル・タヒン遺跡

2009-12-25 13:27
画像 1611

世界文化遺産のひとつでもあるエル・タヒン(雷)遺跡は
メキシコ湾岸、南北に細長いベラクルス州の内陸に位置する
300~1200D.C.に栄えたトトナカ族の古代都市で
全体的にこじんまりとした印象ですが、まだ発掘は半分以下しかなされていないとか
当時は赤と青に塗られていたそうです。

今までに見てきた他所の遺跡に比べて、球戯場の数が多い事や
敷地内に小川があるのが目を引きました。

画像 1601

主に宗教儀式などが行われていた中央広場に位置するピラミッド

画像 1599

守護神 雨の神の石像もここに

画像 1591

ニチョスのピラミッドには365の窓があり、
中は魑魅魍魎の住むインフラムンドと繋がっているとか…
天文学や暦などに秀でていたマヤ族に関係ある部族のせいか
丁度1年分の窓があるのも興味深いですね。

画像 1597

中央広場を見下ろす丘には
宗教関係者や上流階級の人々の住む地区があり
マヤ系建造物のアーチや文字、レリーフなどが見られます。

この渦巻きを見てラーメンどんぶりを思い浮かべてしまった私
お腹がとってもすいていたのでした^^;

画像 1595

画像 1609

画像 1592

球戯場の1つ、残念ながら中は覗けませんでした。

画像 1607

メキシコの古代遺跡では、どこのレリーフも素晴らしいです。

画像 1619

ワンコ達も遺跡を堪能?このコ達は土地の野良君達でフリーパスですが
観光の場合も小型犬までは(柴犬程度)入場OKとの事
ただしワンコ連れで泊まれるホテルが近辺には皆無なので ご注意を

画像 1618

遺跡入り口には、ミニ・博物館やレストラン
そして外側には沢山のお土産物屋さんが並んでいます。 
ボラドーレス・ショーやバスを待つ間冷やかしてみるのも楽しいかも
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

スポンサーサイト
別窓 | サボテン王国 | トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
ボラドーレス

2009-12-16 11:30
画像 1617
ご無沙汰しておりました。
衣紗のアレルギーも峠を越し、パパぶぅの休暇に超ハードスケジュールな旅をして来ました。
今回はメキシコ湾岸ベラクルス州にあるエル・タヒンという古代遺跡の入り口で見れる
ユネスコ・無形遺産にもなっているボラドーレスをご紹介します。

画像 1620
古代サボテン王国では日本と同じ様に万の神がいるとされ、多くの儀式がありました。
このボラドーレスは豊穣を天と大地の神に祈る儀式と言われ
鳥をイメージした衣装姿の5人で行われます。

画像 1621
かなりの高さの鉄柱に命綱もつけず登っていきます。

画像 1623
足に縄を巻きつけ準備完了

画像 1625
最後に1枚目の写真の様に塔のてっぺんで笛を吹く人が登ります。

画像 1628
音楽に合わせ逆さ宙吊りになって降りてきます。

画像 1630
かなりの高さなので、普通に見ていると首が痛くなり
アメリカ人の観光客達は完璧に仰向けに寝てカメラやビデオを回してましたが
私には出来ませんでした^^;


次回はエル・タヒンの古代遺跡をご紹介します。
エエ、ちゃんと今年中にアップしたいと^^;
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
別窓 | サボテン王国 | トラックバック(0) | コメント(12) | top↑
| 衣紗ぶぅ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。