スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
エクスポ・カン

2009-09-28 11:35
画像 1486
今年もWTCで10日間、犬博が開催されたので遊びに行って来ました。
お衣紗ちゃんはアレルギー中ですが禿げちゃびんになってないので
最後まで連れて行こうか迷いましたが、最近ちょっとガウガウ娘になったりするので
お留守番をしてもらいました。
帰りにカフェ・アマノに行ってコーヒー・フロート飲みたかったからじゃないの? 
アールグレイのケーキも買って来てたし…

お衣紗ちゃんの突っ込みは置いておいて^^;
私、このマルチーズに魅せられてしまったのです
美しい上に気品があり本当に素晴らしいなぁと見惚れてました。

画像 1481
ちょっと街ではお目にかかれないBriardブリアード
皆さんはこの犬種知ってましたか?

画像 1475
こちらは近所に何頭もいるボクサー&マスチフ
衣紗は何故かボクサー君達と仲が良いのです。

画像 1473
日本でもお馴染みのピレネーズ
真っ白より、こちらを見ているパピーの様に
耳の辺りにカラーが入ってるコの方が私は好みだなぁ

画像 1491
サボテン王国を代表して明日に向かって吠える?

画像 1479
マクロが甘くてすいません^^;
このチワワ、本物かと見間違うばかりの出来で買おうか迷いましたが
もう家には何も置くスペースがな~い(涙)

画像 1489
こちらはグッズのブース 
数年前に比べるとキャリーバッグの種類が豊富になりました。

画像 1494
犬が何百頭もいる所で、ケースにも入れずビニールもかけず^^;
サボテン王国ならではの甘い甘~いお菓子を売ってるブースもありました。
こんな事ぐらいでどうにかなっちゃうヤワなお腹の人は
ここでは暮らせないって事でしょうか…

今年は初日の午前中に行ったせいか
マラミュートや和犬を見る事が出来ずちょっとガッカリでしたが
沢山の犬達に会えたので良しとしましょなんて
お衣紗ちゃんに豚の耳の骨ガムをお土産に買って帰宅の途についたのでした。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
スポンサーサイト
別窓 | 太陽の国でワンコと暮らす | トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
帯に短し

2009-06-15 10:51
isa 1450

4つ足のファミリーと暮らしていると、獣医選びも重要になってくるのですが
衣紗をパピーの頃から診てくれていたハイメ先生が辞めてしまって
現在アルファNが単身赴任中で車がない我が家にとって
近所の所は帯に短し襷に長し状態で
頭が痛い問題なのです。

・獣医さんの腕&動物への接し方
・飼い主へのインフォーム
・徒歩で行ける近場に かかりつけの獣医&オペや休日・夜間用の24時間病院
・ある程度の設備
・行程に危険なオフリード、又は勝手に1匹で散歩犬がいないか
・裏道など治安の悪い場所でないか等
サボテン王国での獣医さん選びの基準は日本とはちょっと違っています。

24時間の病院は、獣医師の数も多く離職も多くで
やっと見つけた理想の先生とは1、2回限りなんて事も結構あったので緊急以外には使いたくない。
同じ病院なのに獣医師の数だけ医療に対する視点も腕も責任感も違っているのが玉に瑕
↓参照
不妊オペ
不妊オペ2


isa 1449

ナヴァレがいた頃から通っていたかかりつけの病院は、
今まで2人ずついた先生達も皆さんあらゆる面で私なりに合格点と思う人ばかりだったし
数年間は同じ先生が勤務されてたし
設備の点でも場所も文句なかったのですが…

そこの設備は待合室と診察室が区切られていて
奥にはX線とオペが出来る部屋がある
日本ではごく普通の設備なんですが、これがここでは大きい所じゃないとね

今の先生、ハイメ先生が辞めて1人残ってから
腕は良いと思うのですが、全く診察なしのピンポイント獣医になりまして
虫下し程度の事なら それでもまぁ許せるのですが
前回、狂犬病&混合5種の予防接種でも同じだったので こりゃダメだと

今まで、どこのどんな獣医さんもがやっていた基本の診察をスルーなんです。
体温も体重も計ることをせず
瞼や歯グキのチェック、心肺音を聴診することもなく
いきなりワクチンを用意し始めたので
「先生、体重計からないと 前より重くなってますから」
「はい計ります」
…って安心したのもつかの間、なんと計ったの注射した後
ええ、2キロ少ない頃のデータで あの先生はワクチンうちました…(絶句)

isa 1452

いつもシャンプーしてもらっているショップで相談したところ
ハイメ先生と同時期にいてナヴァレもお世話になったJ先生が
そこから徒歩10分位の所にいると聞き
ちょっと遠くなるけど、これで問題解決とばかりに
先週、その病院に虫下しに連れて行ったのです。
ところが目が点になる程、設備がほとんどないに等しい医院だったのです。
イメージとしては昔の駄菓子屋さん^^;か小さく狭い物置

駄菓子の代わりにフードやら
シャンプー待ちのワンニャンのクレートやらが所狭しと置かれ
そこにただ診察台がおいてある…仕切るドアも壁もない
先生と私が立つと診察台もまわりも一杯一杯
誰か患者か人がいたら外で待つしかない状態

腕は良いし丁寧に見てくれるし、手作り食にも理解がある
衣紗をファミリーに迎えてから始めて病院に連れて行った時の先生でもある
でも医院の設備が本当に涙もの ワクチンなどの保管状況も何となく心配だったりする

J先生が元の病院に戻ってくれる事を祈らずにいられない私なのであった。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
別窓 | 太陽の国でワンコと暮らす | トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
ご意見番が多過ぎる

2009-02-24 17:55
isa 1362
散歩は楽しくしたいよね 
でもママぶぅは時々、ここにはお犬様ご意見番が多過ぎるってブツブツ言ってる

そーなんですよ。
通りすがりのエセ犬博士達が、あれやこれや意見してくれるのですが
何か役に立つ情報なら有りがたいけど
つい「それはどうも、でもお言葉を返す様で恐縮ですが…」と言いたくなる事ばかりで
他所の国でもそうなんでしょうかねぇ…

isa 1361
一番多いのが「首輪がきつ過ぎて可哀相じゃないの」 
「こんなに絞めたら苦しいでしょうに」
「首輪絞めすぎよ」
または、何人かの女性のグループが私には直接言わずに
「可哀相に…あの犬の首こんなになってるわ」 
「あらホント、可哀相に こんなよ」と首を絞める真似をしたり…

柴やノルディック系のワンコと暮らしてる方はお分かりでしょうが
首周りの毛が深いんですよ 特に冬毛はね
それに呼吸器官が弱い衣紗用に
ハフマンさんの痛くない首輪を使っているので
これでも衣紗が後ろに体を引けばスポッと抜けるギリギリに調整しているんですが…

ある時は、近づいて来た男性が「こんなにキツクしたらダメじゃないか」と
いきなり衣紗の首輪に手をかけましたが
楽々その人の指が数本入ってしまう余裕があったので
「あれ?緩い!」と驚いたところで
しっかり特製首輪についての説明をさせて頂きました^^;

isa 1359
ご意見番さん2つ目に多いのが『リードで散歩』に対して
私は勿論衣紗を守る為に街なかでのオフリード散歩はしないし
すぐ車道に繋がる近所の公園でも同じです。
「自由がなくて可哀相」「躾が出来てないのか」「アグレシブなのか」と
月に何度か誰かに必ず言われてます。

犬の誘拐も少なくないし
ソフィアの様な犬から追いかけられて車道へ飛び出す可能性もある
初代ナヴァレは誘拐され、いつも勝手に1匹で散歩してた義姉の犬は車に轢かれて虹の橋
一通だって俺様ルールで当たり前の様に逆走する車が多いし
それ見た事かの事故や誘拐事件を近所で耳にするたび
市内でオフリードにはしたくないと思う。

isa 1360
フレキシ・リードで散歩をすると
衣紗がぴったりヒールして歩いている時は70?あるかないかの長さになるので
「そんなに短いリードでは可哀相」

裏通りは信号がないので渡る時に少し急そがせたら
「リードが短いのに引っ張ったら可哀相」

暑いの寒いの、1回も仔犬を生ませてあげずにオペなんて可哀相だの
太りすぎだの痩せすぎだの皮膚がどうだの 何だのかんだの…
本当に ご意見番さんが多くて苦笑い

navic 1355
ここでは自由に走り回ったよ

ナヴァレ?はリードなんてなくても全く問題なかったけど
同じ理由で街なかではリードで散歩
それが可哀相だと耳にタコが出来る程 色々な人に言われてました。

それから多かったのが
「この国でマラミュートを飼うなんて暑いのに可哀相だ」

主人の上司の青天の霹靂プレゼントだったし
誰かにあげるなんて出来ないのに どうしろと?
家には夏でも半袖でいられない涼しい場所があるし
朝散歩には1年を通して防寒ジャンバー着用する気候です
湿気のない暑さだし…

「アパートでマラミュートなんて運動不足になって可哀相だ」

8歳までサーチ&レスキュー犬をしていて
引退後に家に戻ってきました。
散歩は日に3回、主人の職場に連れて行った時や
車の来ない安全な草原や小山ではオフリードでした。

「こんな日中に散歩させるなんて!」
「パパ~、こんな時間に犬を散歩させて良いの?」「ダメだよね 可哀相に」

午前10時に開くトリマーさんの所でシャンプーしてもらった帰りや
(大きいしダブルコートなので仕上げまで2時間はかかります)
同じく午前10時に開く獣医さんの帰りにも言われました。

「痩せすぎだ 可哀相に もっとご飯をあげなさいよ」

股関節形成不全と年齢&職業病で痛めた間接炎の為ダイエット中で
獣医から言われた体重に落とすのが忍びなくて目標を2キロ上に設定してたのに

意見言う前に、どうしてそうなのか尋ねてみるって発想はないのでしょうかねぇ^^;
お散歩中に
通りすがりの人の言葉で「いらぬお世話です」と思ったことないですか。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
別窓 | 太陽の国でワンコと暮らす | トラックバック(0) | コメント(20) | top↑
9月はワンコ博

2007-09-26 10:57
expc07-1
今年も又サボテン・シティ恒例の9月のワンコ博に行って来ました。
写真はチャイニーズ・クレステッド。
犬と言うよりファンタジー物の映画に出てきそうなミニチュアの馬の精?みたい。
でも私はこのワンを見て、
家でお留守番のハゲチャビンお衣紗ちゃんをチラと思い出してしまったのでした^^;

expc07-5
週末はチケットを買うにも長蛇の列、中に入っても歩くのも大変なので
今回は10日間開催の中日を選んで行ったせいか
リンクは、どこかジャック・ニコルソン似の強面軍団達の審査が多くて
先にショップや出番前のワン達のおめかし風景をチェック。
写真はサルーキ。高貴な感じがしますね。

expc07-11
実際に飼ってる人はあまり見かけないけれど
サボテン王国のドッグショーではいつも良い成績を修める犬種
アラスカン・マラミュート!

expc07-13
耳を飛行機にしてます、笑顔のマラミュート♪
くぅ~、可愛すぎて抱きしめたかった…ホントに。

expoc07-12
こちらのマラミュートも耳を飛行機にしてます。
expc07-12
トリマーのお姉さんの腕とマラミュート君の脚の太さを比べて見て下さいな

expc07-10
ついでにギャラリーのマラミュート君も耳飛行機~♪
久々にマラミュートを撫でました…やっぱり最高の撫で心地!

expc07-8
モコモコで思わずギューギューしたくなるハスキー君もいました。

expc07-7
熊ちゃんの様なアメリカン・アキタ(グレート・ジャパニーズ・ドッグ)
衣紗も全く同じカッコで同じ表情してる時があります。

expc07-2
女性3人が「キャー可愛い!ヌイグルミみたい!」と叫んでしまったポメラニアン。
飼えないと分りつつも「幾らくらいするのかなぁ…」とつい口にしてしまった私達でした。

expc07-6
分り難いのですが、
このチワワは手前のパグの足をず~っと齧ってました。
良い出汁が出てるのかなパグの肉球^^;

expc07-3
人気のミニチュア・シュナウザー3色
あなたはどの色がお好みでしょう?

expc07-4
とっても愛想の良い元気一杯なジャック・ラッセル・テリア君達
見ているだけで楽しくなり思わず笑顔で話しかけてました。
来年は衣紗も一緒に来れると良いなぁ。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ

別窓 | 太陽の国でワンコと暮らす | トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
日曜の朝さんぽ

2006-12-04 07:12
古き良き時代の建物が残るこの界隈では、普段の喧騒が嘘の様に
日曜の朝は小鳥達の声とカサコソと枯れ葉を踏む音だけが聞こえる
清々しく爽やかな散歩時間が楽しめる。

kinjo360
メキシコ・褐色の聖母グアダルーペ像。個人宅の玄関上に飾られてます。

kinjo364
右は大学、左が教会。

iglesia
市内には、モダンで斬新なデザインの教会が沢山あるけれど
庭園もあり、こじんまりとしてコロニアル風なこの教会は
結婚式や15アニェラ、TVドラマの撮影などに良く使われてます。

15(キンセ)・アニェラ
社交界デビューの名残り。
お姫様の様なふんわり系ロングドレスに身をまとった
15歳の女の子の晴れの舞台。
教会でミサの後、ダンスに始まりダンスで終わる
夜明けまで続く長い長~いパーティでシンデレラになる日。

kinjo365
私立大学の校舎。
近所には、ちょっとタイムスリップした気分が味わえる建物があったりします。

kinjo362
カルチャー・センター。
日曜の夜は、この踊り場でタンゴのクラスがあり
皆さん楽しそうにお稽古に励んでいます。
奥の壁画は1979年に描かれた物の様です。

kinjo363

メキシコの古代文明時代から
スペイン軍の上陸までの歴史が描かれています。

kinjo1

kinjo361

宗教観の強い古代の暮らしぶりや
湖上都市テノチティトラン(現サボテン・シティ)で
スペイン軍を迎え撃ったアステカ帝国
遠い昔に思いを馳せると、ちょっとゾクゾクして来ます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ


別窓 | 太陽の国でワンコと暮らす | トラックバック(0) | コメント(18) | top↑
| 衣紗ぶぅ日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。