スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ドライブが好き

2010-01-22 17:44
画像 1546
先週は木・金と嵐の様な強風で電線が切れたり
通りの向かいの街路樹がなぎ倒されたりで2日連続で7時間強ずつの停電になりました。

金曜なんて散歩に出ようとエレベーターを降りて20秒もしないうちに停電!
危機一髪。

PCも調子が悪くて日本語が出なかったり英語にならなかったり
辞書機能も使えず、衣紗という字すら登録しなおし…勘弁してよ~な今日この頃です。

今回は12月のパパぶぅの休暇中にお出かけした時の写真をアップします。
この時はパパぶぅの実家へ向けて日の出前にシティを出発
奥に見えるのが、10数年前に眠りから覚めた活火山ポポカテペトル(5465m)
大噴火はしていませんが、数年前に2度ほどシティまで火山灰が飛んできた事があり
我が家のベランダも火山灰が積もりました。距離はシティから約70km
冬は頂上が雪に覆われ、その姿は富士山の様です。

画像 1549
ドライブの大好きなお衣紗ちゃん、いつもMAZDITA3に乗りたくて
散歩の行き帰りに駐車場に寄っては体を愛車にこすり付けたりします。

画像 1552
テポステコ山遺跡 
頂上に祠の様な小さな神殿があり、UFOの目撃が多い場所でもあります。
昔、水上スキーに行った帰りに下宿先の息子さんが
急にテポステコに登って行こうと言い出して頂上まで登った事があるのですが
同行した日本人&私はサンダル履きの様な感じだったので登るのに一苦労
でも頂上についたとたん、その景色に感動したのを覚えています。

画像 1561
プエブラ州に入ると、気持ちの良い青空が広がっていました。

画像 1566
流石サボテン王国!
トレーラーと比較しても堂々としたもの ご立派!としか言いようがありません。

画像 1570
でも朝顔の群生もあったりして、色々な景色を楽しめる旅です。

画像 1572
こちらもサボテン 様々な種類のサボテンが生えています。

画像 1564
シティを出て4時間後、無事パパぶぅの実家に到着 
日光いろは坂より凄いカーブ続きでもドライブ好きのお衣紗ちゃんは満足の表情
早速あちこち匂いを嗅きながらお家散策
義姉ファミリーのワンコ悟飯Ⅲとはあまり仲良くないので
彼は外庭、衣紗はパティオと分かれて時間を過ごしたのでした。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
スポンサーサイト
別窓 | サボテン王国 | トラックバック(0) | コメント(10) | top↑
エル・タヒン遺跡

2009-12-25 13:27
画像 1611

世界文化遺産のひとつでもあるエル・タヒン(雷)遺跡は
メキシコ湾岸、南北に細長いベラクルス州の内陸に位置する
300~1200D.C.に栄えたトトナカ族の古代都市で
全体的にこじんまりとした印象ですが、まだ発掘は半分以下しかなされていないとか
当時は赤と青に塗られていたそうです。

今までに見てきた他所の遺跡に比べて、球戯場の数が多い事や
敷地内に小川があるのが目を引きました。

画像 1601

主に宗教儀式などが行われていた中央広場に位置するピラミッド

画像 1599

守護神 雨の神の石像もここに

画像 1591

ニチョスのピラミッドには365の窓があり、
中は魑魅魍魎の住むインフラムンドと繋がっているとか…
天文学や暦などに秀でていたマヤ族に関係ある部族のせいか
丁度1年分の窓があるのも興味深いですね。

画像 1597

中央広場を見下ろす丘には
宗教関係者や上流階級の人々の住む地区があり
マヤ系建造物のアーチや文字、レリーフなどが見られます。

この渦巻きを見てラーメンどんぶりを思い浮かべてしまった私
お腹がとってもすいていたのでした^^;

画像 1595

画像 1609

画像 1592

球戯場の1つ、残念ながら中は覗けませんでした。

画像 1607

メキシコの古代遺跡では、どこのレリーフも素晴らしいです。

画像 1619

ワンコ達も遺跡を堪能?このコ達は土地の野良君達でフリーパスですが
観光の場合も小型犬までは(柴犬程度)入場OKとの事
ただしワンコ連れで泊まれるホテルが近辺には皆無なので ご注意を

画像 1618

遺跡入り口には、ミニ・博物館やレストラン
そして外側には沢山のお土産物屋さんが並んでいます。 
ボラドーレス・ショーやバスを待つ間冷やかしてみるのも楽しいかも
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

別窓 | サボテン王国 | トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
ボラドーレス

2009-12-16 11:30
画像 1617
ご無沙汰しておりました。
衣紗のアレルギーも峠を越し、パパぶぅの休暇に超ハードスケジュールな旅をして来ました。
今回はメキシコ湾岸ベラクルス州にあるエル・タヒンという古代遺跡の入り口で見れる
ユネスコ・無形遺産にもなっているボラドーレスをご紹介します。

画像 1620
古代サボテン王国では日本と同じ様に万の神がいるとされ、多くの儀式がありました。
このボラドーレスは豊穣を天と大地の神に祈る儀式と言われ
鳥をイメージした衣装姿の5人で行われます。

画像 1621
かなりの高さの鉄柱に命綱もつけず登っていきます。

画像 1623
足に縄を巻きつけ準備完了

画像 1625
最後に1枚目の写真の様に塔のてっぺんで笛を吹く人が登ります。

画像 1628
音楽に合わせ逆さ宙吊りになって降りてきます。

画像 1630
かなりの高さなので、普通に見ていると首が痛くなり
アメリカ人の観光客達は完璧に仰向けに寝てカメラやビデオを回してましたが
私には出来ませんでした^^;


次回はエル・タヒンの古代遺跡をご紹介します。
エエ、ちゃんと今年中にアップしたいと^^;
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
別窓 | サボテン王国 | トラックバック(0) | コメント(12) | top↑
マスクはどこ?

2009-05-07 18:57
no tapaboca
レストランやカフェもデリバリー&テイクアウトから通常営業が出来る様になった初日
待ちかねたように人々が集い あっと言う間に満席になり 
向かいのベンチで順番待ちする人達で一杯になったカフェ
マスク姿の人が…いない^^; 通りを歩いてる人達も…マスクなし

画像 1427
メトロブスの乗客達もマスクをしているのは2、3割ってところ

新インフルが流行っても、元々マスク装着率は5割に満たなかったのに
早期発見・治療で命に別状がないというのが分ったとたん
「な~んだ季節のインフルの一種かよ」とばかり
もう近所では7人に1人程しかマスクしてないですよ。

強制連休にすれば、経済的に余裕のある人達は
退避目的も少しはあるだろうけど、
ここぞとばかりに
他州の別荘やリゾート地に繰り出してたし

世界を恐怖に(特に日本の皆様をパラノイア状態に)陥れている激震地とは
到底思えない市民のリラックスぶりでございます。

isa 1425
今はお散歩ラッシュ時だから衣紗、行きたくな~い
どうして?
だって、衣紗のおかーたんだけ いつまでもマスクしてて
どっか病気なの?って皆が聞くんだもん

日本人は慎重なのよ。
Mさんだって日本本社から送られてきたカラス天狗マスクつけて
高地で酸素薄いのに益々息苦しいぃ~と言いつつ働いてるじゃない
それに
日本スーパー行ったら皆マスクしてるわよ

でもサボテン王国の皆が何も対策をしてないかと言うと そうではなく
メトロの改札口などでは1人1人の手に消毒ジェルをかけてくれたりマスクを配ったり
国際空港では
サーモグラフィで37.5度以上の熱のある旅客は国外へは出れません
インフルエンザ検査を受け
感染の疑いがあれば勿論そのまま病院へです。

画像 1430
大手スーパーのWal-Martでは入り口で1人1人に使い捨て手袋を配っています。
予防法の1つにビタミン摂取なんてのもあるので
一人用のサイズのパパイヤとリンゴを買って来ました。
(こちらでの対インフル推奨果物はパイナップルやグアバ等です)
外出時のマスク着用
帰宅後のうがい&薬用石鹸での手洗いで充分予防出来てる様で
この新インフルが猛威を振るった時も、落ち着いてきている今も
衣紗の散歩は毎日3回欠かさず行ってますし他のワンコ達の飼い主さん達も同じです。

日本の報道の凄さと、ここで暮らしている人間より
ずっと恐怖を感じている日本の人が多い事に驚いたりでした。

でもそこにはいくつかの誤解や思い込み
センセーショナルな報道の仕方に
本当は大事な一行を、大切な一言を聞き逃しているのでは?
又は意図的に伝えてないのかな?と思われる点がいくつかありました。

・死亡者の数が何故上下するのか 
・何故サボテン王国にだけ死者が集中しているのか
・乾燥した20度位の気候を好むはずのインフルが何故暑い国で猛威を振るうのか
・他所の国に感染を広げているくせに、ピークが過ぎたとは何事か!

isa 1429
サマーカットのポピー君&ボンボン君と相談がすんだら
お衣紗ちゃん回答をお願いしますよ…
えー、内緒話がつきない様なので私めが ちょこっと説明します。

え?皆様分ってらっしゃる?そうですか 
でもちょっとだけ
・死因が新インフルであると確定が出る前に
全ての呼吸器系疾患での死亡者、感染の疑いのある死亡者数を発表していた為

・普通の風邪だろうと思って自己判断で薬を飲み医療機関に行くのが遅れた為
救急車でICU直行や1人では歩行困難で家族や友人に運び込まれた人が多かった。

・これはもうサボテン王国=暑い国という思い込みですね
この新インフルの死亡者、感染者数が一番多い首都は高地にあり
1日の温度差が15℃~20℃にもなり、朝はまだ防寒着で散歩行ってる程で
1日に四季があると言われる所以です
最低10℃前後、最高30℃前後←太陽が出ている場合でも、この気温になるのはお昼頃から 
それとまだ雨季に入ってなくて乾燥しているしで結構インフルが好む気候だったりします。

・ピークが過ぎたと言うのは、世界に広がりつつある感染者数の事についてではなく
国内、特にメキシコ市の死亡者数に歯止めがかり
ほぼ1週間新たな死者が出ていないという話の時で
勿論、これで終息したわけでないので引き続き警戒が必要である
衛生対策を強化して続けていくと締めくくっていました。

ちょっとだけサボテン王国カッコ良いじゃないと思ったのは
海外で足止めを食った国民に対し、さっと特別機を飛ばして迎えを送った点ですかね
(メキシコ人だという理由だけで、もう1週間以上クルーズしてたのに豪華客船から降ろされた等)

最後になりましが、この新インフルの問題が世界を駆け抜けた時に
衣紗ファミリーを心配し、暖かいメッセージを沢山頂きありがとうございました。
本当に嬉しかったですよ 心強かったですよ。
皆さん本当にありがとう♪ 私達は今日もサボテン・シティで元気に暮らしています。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

別窓 | サボテン王国 | トラックバック(0) | コメント(22) | top↑
お昼時に

2009-04-09 14:51
画像 1376
本当は皆の様にオフリーシュだって大丈夫なんだけどなぁ…
何言ってるの。お衣紗ちゃんを守る為に必要なのよ。

ただ今、セマナ・サンタ(聖週間)の大型連休中で
普段は非常に騒々しい賑やかなサボテン・シティも
小鳥達のさえずりがメインの穏やかな時間を過ごしてます。

クラクションや車の防犯アラームが年中鳴ってます。
通りを過ぎていく車の音楽も、老若男女問わずボリュームMAXの人が多く
室内で聴いてる音楽が聞こえなくなる事もシバシバ
パトカーさえ何事もなくても時々サイレン鳴らすしね

飛行機もヘリコプターも24時間飛んでます。
建設ラッシュなので工事も年がら年中だし
毎週末の夜通し続く傍迷惑な騒々しいパーティ
兎に角、普通の日本人にとっては我慢大会状態になる事間違いなしという程
騒音だらけ

しかーし、時には愛する家族や恋人へ
誕生日ソングやらラブ・ソングを夜中にマリアッチに頼むロマンチストさん達がいたり
ランチタイムを狙って、色々な楽団がやって来て丁度良いBGMとなったりもするのです。

はっきり言って「もうちょっと練習してから来てよ」とか
「雑音でしかない!」と思うグループもありますが^^;
今日は私がいつでもWelcome!心待ちにしているグループを紹介します。



都会の喧騒の中でもマリンバの演奏を聞くと何故かリゾート気分になります♪
心地良い音楽って本当に気持ち良いですね
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

別窓 | サボテン王国 | トラックバック(0) | コメント(10) | top↑
| 衣紗ぶぅ日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。